カメラマンの仕事、一生懸命がんばります。


by efse4nkapy
 「ややもすれば取材を受けることによって、政権運営が行き詰まるという状況も何となく感じている」

 菅直人首相は8日の記者会見で報道陣への警戒心をあらわにした。「米国では報道官という制度がある。ドゴール仏大統領はあまり頻繁に記者会見をしなかったが、だからといって国民に開かれていなかったとは言えない」とも述べた。

 「開かれた政治」を掲げ、自滅した鳩山由紀夫前首相を反面教師にしたようだが、首相は4日の民主党代表選で政権運営の基本的な考え方として「国民に開かれたオープンな党風をつくる」と掲げている。

 産経新聞は記者会見で45分間の質疑時間中に挙手を続け質問を試みたが、司会役の小川洋内閣広報官は指名しなかった。5月28日の鳩山由紀夫前首相の記者会見でも産経新聞は指名されず、連続して質問の機会が与えられなかった。産経の取材を受けると「政権運営が行き詰まる」と判断されたのか…。(阿比留瑠比)

【関連記事】
菅内閣発足 参院選に全力 60議席が勝敗ライン" url="http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/401171/
菅首相会見 初日から「守り」の姿勢 「逃げる」晋作!
尖閣諸島「領有権問題存在しない」 政府が答弁書を閣議決定
「官邸こそ修行の場」 菅首相、お遍路後回し
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<東北厚生局>職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
北教組委員長代理に有罪判決 札幌地裁 小林氏進退表明へ(産経新聞)
W杯、日本は何位? 「優勝」4.2%、奇跡を期待(産経新聞)
<AKB48>脅迫容疑で27歳男逮捕 カッター送り付け(毎日新聞)
羽生が先勝=将棋棋聖戦(時事通信)
[PR]
# by efse4nkapy | 2010-06-16 11:00
 自民党など野党は1日、民主党内に吹き荒れた「鳩山おろし」の動きを慎重に見守った。自民党は、鳩山内閣に対する不信任決議案を会期末(6月16日)までに提出する構えを崩していないが、ここにきて執行部からは早期提出に慎重な声も出始めた。「参院選を見据えると、鳩山政権が続いたほうが得策」。そんな本音も見え隠れする。

 「政界がいよいよ流動的になってきた。衆院解散に追い込まないといけない」

 自民党の谷垣禎一総裁は1日の党総務会でこうあいさつした。

 続いて大島理森幹事長が「鳩山由紀夫首相が辞めてから不信任案などを出しても意味がない。提出にはタイミングをしっかりはかりたい」と説明。執行部は、内閣不信任決議案と鳩山首相に対する問責決議案を提出するタイミングを週内に決めるとともに、2日には連立政権を離脱した社民党とも意見交換したい考えだ。

 ただ、総務会では決議案を早期に提出すべきだとの意見があがったにもかかわらず、執行部は早期提出には慎重姿勢をみせた。1日の参院野党国対委員長会談でも、問責決議案は話題にならず、参院幹部の1人も「出すにしても来週後半だろう」と語った。

 自民党の微妙な方針転換の背景には、参院選情勢に好転の兆しが見え始めたことがある。

 自民党が5月下旬に実施した情勢調査では、29あるの改選1人区で自民党が20以上で勝利するとの結果が出た。報道機関の世論調査でも、自民党の支持率が民主党と肩を並べるようになり、執行部は衆院解散にも強気の姿勢だ。

 しかし、勝算の前提はあくまで、「政治とカネ」や米軍普天間飛行場移設などの問題で失策を重ねる鳩山政権の存続。執行部が決議案の提出に慎重なのは、決議案提出が内閣退陣の引き金になり、民主党が首相を代えて反転攻勢に出ることへの警戒心からだ。現に、参院では問責決議案について、社民党だけでなく、民主党の一部も賛成に回り、可決する可能性が出ている。

 自民党にとっても「鳩山降ろし」は対岸の火事では済まされない事態になっている。しかし、決議案の提出に躊躇(ちゅうちょ)する姿勢が前面に出れば、逆に「選挙対策」と批判されかねないというジレンマも抱えている。

【関連記事】
首相の進退問題は結論出ず 協議は継続に
普天間で京都府知事「首相は努力してみせた感じ」
「首相は辞めない」と政府高官が明言
「首相、こんなレベルか」 群馬県知事が酷評
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る
「はやぶさ」帰還へ

知らなかったで済む土地売買…購入側逆転敗訴(読売新聞)
野口さん搭乗のソユーズが帰還 カザフスタンに着陸(産経新聞)
社民党の全国幹事長会議、連立離脱方針を了承(読売新聞)
「帰国すると車なかった」放置車両横流し(読売新聞)
混乱のツケ「不安」…政策また変わるの?(読売新聞)
[PR]
# by efse4nkapy | 2010-06-07 11:49
 厚生労働省は5月21日、学会や患者団体などから寄せられた未承認薬・適応外薬の開発要望374件について、同省の「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」が審議した結果を踏まえ、「医療上の必要性が高い」と判断された109件の開発要請を関連企業に行った。開発要請が最も多かったのはファイザーの7件(共同開発含む)。また、現時点で開発要請先が見つからず、開発企業の募集を行うのは17件だった。

 開発要請された製薬企業は50社。ファイザー以外では、塩野義製薬が6件、ノーベルファーマとノバルティスファーマが各5件、サノフィ・アベンティスと中外製薬、グラクソ・スミスクラインが各4件などとなっている。

 ただ、エノキサパリンナトリウムの「急性冠症候群におけるPCI施行時に使用」については、サノフィ・アベンティスから「海外と日本の医療環境の違いなどの状況から、開発を進めて承認を受けたとしても、その意義が乏しい」とする意見の提出があり、厚労省は開発の要請を保留している。


【関連記事】
医療上必要性高い未承認薬・適応外薬は109件―厚労省が開発要請へ
未承認薬・適応外薬の開発要望評価が難航
未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を
未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合
未承認薬への対応「新薬開発を阻害するものではいけない」

ボクサーの亀田興毅選手が都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
首相の知事会出席を発表 官房長官(産経新聞)
民放教育番組事業など「廃止」=公益法人仕分け1日目―刷新会議(時事通信)
今度は「麗子」像! 傾く=両さん壊されたばかり―東京・亀有(時事通信)
新潟の遺棄事件、胴体に刺し傷4か所(読売新聞)
[PR]
# by efse4nkapy | 2010-05-28 10:41
 平野博文官房長官は7日の閣僚懇談会で、宮崎県内で口蹄(こうてい)疫が発生している問題で、関係閣僚に対し、拡大防止のための防疫措置の徹底や農家への経営再建対策、地元自治体への財政支援に取り組むよう要請した。

 平野氏は同日の記者会見で、「さらに踏み込んだ対応が必要なのかどうかも今、検討させている」と述べ、状況次第では一層の対策を講じる考えを示した。

 また、原口一博総務相も記者会見で、自治体が負担している対策経費について特別交付税で支援していく方針を明らかにした。

【関連記事】
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」
「将来不安、取り除け」 政権交代後初のメーデー
大型連休の外遊 閣僚の半数以上が「不在」
【鳩山政権考】鳩山降ろしが起きぬワケ
官房長官「コメント控える」 検察審査会「不起訴相当」議決
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

建設会社社長ら逮捕、介護付き住居で詐欺の疑い―神奈川県警(医療介護CBニュース)
徳之島案「徹底して反対」=首相発言に反発−伊仙町長(時事通信)
<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか(産経新聞)
[PR]
# by efse4nkapy | 2010-05-12 12:52
 林業が盛んで「杉の町」として知られる鳥取県智頭町で18日、火難除けを願って山から切り出した杉の大木を地元の諏訪神社に奉納する6年に1度の神事「柱祭り」が行われた。

 午前3時、白装束に鉢巻き姿の氏子の男性たちが太鼓の合図とともに杉山に入山し、幹回り72〜78センチ、長さ約8メートル、重さ約300キロの神木を切り出した。

 “ムカデ”と呼ばれる台座に固定された神木を、数百人の氏子らが交代で担ぎ、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩いた。

 神木は最後に諏訪神社の境内で清められたあと、氏子らの手によって皮がはぎ取られ、本殿を囲むように東西南北の方角に建立された。6年後には、家庭の神棚に供える板に加工され、氏子に配布される。

 担ぎ手として参加した会社員、芦田正博さん(45)は「林業の町に受け継がれた伝統行事に参加できて感慨深いです。後世にも伝えていきたい」と話していた。

 祭りは、同町が大火に遭った天明2(1782)年、長野県の諏訪大社の「御柱祭」にならって始められ、以後、6年に1度行われている。

【関連記事】
一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR
北山たけし、高千穂神社で奉納ライブ♪
1.1メートル16キロの大型イカ生け捕り 愛媛
「被爆桜」咲いた 滋賀・彦根の小学校、植樹の卒業生訪問
村木被告の元上司、小豆島町長に初当選
外国人地方参政権問題に一石

わいせつ容疑の男に起訴相当=検察審が議決、本人は帰国−大阪(時事通信)
<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
大田・観音通り共栄会 高齢化進む商店街 寄席で活性化狙う(産経新聞)
中国ヘリがまた近接飛行=沖縄沖、海自艦まで90メートル−防衛省(時事通信)
育休の文京区長「母の偉大さ実感」(産経新聞)
[PR]
# by efse4nkapy | 2010-04-24 23:35